後遺障害

交通事故によって後遺障害が残った場合、損害賠償を請求する事ができます。後遺障害についてお困りの方は、こちらのサイトを参考にして下さい。

後遺症と後遺障害の違い損害賠償の請求方法逸失利益とは?後遺障害慰謝料その他の請求等級認定を受けるには等級認定等級の違い

後遺症と後遺障害の違い

後遺症とは、傷害が治った後も、残ってしまう、機能障害や、神経症状などの症状を意味します。

後遺障害とは、後遺症の症状を労働能力の喪失が生じている事を意味します。

損害賠償の請求方法

事故発生

傷害部分(症状固定前)
・治療費
・交通費/付添看護費/入院雑費
・休業損害
・入院慰謝料

後遺障害部分(症状固定後)
・逸失利益
・後遺障害慰謝料
・介護料等

逸失利益とは?

労働能力が低下し、将来まで失う利益の事を意味します。

後遺障害慰謝料

肉体的、精神的負担に対する慰謝料を意味します。
等級認定されると、上記表を基準に請求する事ができます。

その他の請求

将来に実施することが確定している治療費は、医師の必要性により請求する事ができます。
また、家屋等改造費、付添看護費、義肢等の装具費用などの生活に必要な費用も請求する事ができます。

自賠責保険においては、等級認定されない限り、いくら事故後に症状が残っても、賠償の対象とはなりません。

等級認定を受けるには

手続きとしては、下記2パターンあります。

・被害者請求(自賠責保険に直接請求する)
こちらは、被害者から等級認定を申請するやり方です。自分の損害を自分で立証しますので、手続きの透明性が高いと言えるでしょう。

・事前認定(任意保険会社が治療費一括払いの流れで行う)
相手方の任意保険会社が自賠責分も立て替えて支払う「一括払い」をしている場合がほとんどです。この場合は、等級認定の手続きを任意保険会社がやってもらえます。

等級認定

下記で紹介する基準は目安として参考にしていただき、実際は環境や相手、状況により大きく変動します。

 等級  後遺障害  自賠責保険
 支払い限度額
 第1級 ・両眼が失明したもの
・両上肢をひじ関節以上で失ったもの
・両下肢をひざ関節以上で失ったもの
 3,000万円
 第2級 ・1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
・両眼の視力が0.02以下になったもの
 2,590万円
 第3級 ・1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
・両手の手指の全部を失ったもの
 2,219万円
 第4級 ・両眼の視力が0.06以下になったもの
・1上肢をひじ関節以上で失ったもの
・1下肢をひざ関節以上で失ったもの
 1,889万円
 第5級 ・1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
・神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
 1,574万円
 第6級 ・両眼の視力が0.1以下になったもの
・脊柱に著しい奇形または運動障害を残すもの
・咀嚼または言語の機能に著しい傷害を残すもの
 1,296万円
 第7級 ・1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
・1上肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
・1下肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
・外貌に著しい醜状を残すもの
 1,051万円
 第8級 ・1眼が失明し、または1眼の視力が0.02以下になったもの
・脊柱に運動障害を残すもの
・1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
 819万円
 第9級 ・両眼の視力が0.6以下になったもの
・1眼の視力が0.06以下になったもの
・咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
・神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当程度に制限されるもの
 616万円
 第10級 ・1眼の視力が0.1以下になったもの
・14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
・1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
 461万円
 第11級 ・両眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害をの こすもの
・両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
・1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
・10歯以上に歯科補綴を加えたもの 
 331万円
 第12級 ・1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害をのこすもの
・1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
・7歯以上に歯科補綴を加えたもの 
・鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨または骨盤骨に著しい奇形を残すもの
・長管骨に奇形を残すもの
・外貌に醜状を残すもの→(平成23年改正)
・局部に頑固な神経症状を残すもの
 224万円
 第13級 ・1眼の視力が0.6以下になったもの
・1眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの
・正面視以外で複視を残すもの
・5歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
・1手の小指の用を廃したもの
・1手の拇指の指骨の1部を失ったもの 
 139万円
 第14級 ・1眼のまぶたの一部に欠損を残し、またはまつ毛禿げを残すもの
・3歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
・局部に神経症状を残すも 
 75万円

等級の違い

慰謝料は、基本的に労働能力喪失表による等級を基準として算定されます。第1級から第14級までの後遺障害等級が認定された場合に請求できます。
この等級は、損害保険料率算出機構の調査事務所で、提出された診断書、検査所見などにより等級を判断します。

後遺障害がある場合は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料とどちらも請求できます。
後遺障害等級認定には、大きく損害賠償請求金額に関わってきますので、非常に重要です。
例えば、非該当となった場合に、異議申し立てにより、14等級と認定されとなった場合、149万円の差となります。
9等級と認定され、同じく異議申し立てにより、7等級と認定されると、435万円の差となりますので、大きな差となっていきます。
このような事から、後遺障害の損害賠償請求では、等級認定が非常に重要な部分となります。

INFORMATION

2012-02-18
後遺障害弁護士の選び方を公開しました。
2012-02-18
後遺障害司法書士の選び方を公開しました。
2012-01-09
サイトを公開しました。